しがとせかい

コワーキングスペースの入退室管理アプリ。次なるバージョンアップの内容は?

2021年3月30日 カテゴリー:コワーキングスペース

今プラスで3ヶ月前から作って利用している入退室管理アプリ。 スマホにアプリをインストールしてもらって電話番号と自分の名前でログインしておけば、あとは照らすだけでログインできるというもの。 サブ機能としてアプリ内にお知らせも組み込んでみていて、一切トラブルなくスッと使えるようになっているこのアプリ。 最近はジムや塾でも活用できそうだなーと思っているのですが、その前にコワーキングスペース

プログラミング教育アプリの次の機能。子供の可能性をより広げることができる機能とは?

今週したいプログラミングアプリ!これを形にして、次のステップに進みたい。 ・ユーザーアカウントに紐づく教材リスト ・進捗管理(どの教材をした?どの教材をしていない?) ・教材に対する進捗度(AIによる向き不向き) その中で、今次の振り先を考えてみる。   プログラミング教材アプリに落ち着かない次のステップは? 現在の内容ができるとどんなアプリができるのか

地方からスタートアップ目指す夫の日曜の過ごし方。

2021年2月14日 カテゴリー:しがとせかいについて

日曜日の過ごし方って本当重要!と思ってます。 位置づけとして家族と一日一緒にいれる時間でもあり、来週すること、これからしたいことの準備の時間だと考えているので計画的に過ごしたいんですよね。 だから毎週どうやれば自分にとっても気持ち良い日曜日になるかを検証し続けています。 20歳で起業し、家庭を持ち34歳になる今までお休みの日は日曜日(+土曜日の午後)と決めておりまして、これか

滋賀県でスタートアップを作れる?疑問に答えてくれたのはClubhouseでした。

最近Clubhouseにハマっております。 2021年は計画と集中の年と位置づけて、一番大きな目標であるのが中学生特化型のプログラミング教育アプリ Make3を拡大させていくことです。 その時に、どうやってサービスを拡大させていくか、スタートアップとして成長させていったり、方法論を考えるとClubhouseにはそれの回答となるROOMが大量にできてくるんですね。しかも日本の事情を踏

ホームページ制作会社はこれからどうなっていくのだろう。

2021年1月25日 カテゴリー:しがとせかいについて

先日同業者の人と話していて「これ、補助金使わずで作るケース減るよね。」という話になりました。 全同意のこのケース。コロナがあって2020年は小規模事業者持続化補助金から各市町の補助金などでウェブ制作は、補助をもらって作るというのがだいぶ一般的となりました。(医療関係や介護施設、ある程度雇用しているところは別。) その中で、かなりの仕事量で溢れた2020年。その流れは2021年も変わらず

すごいDIYしたい。僕のシェアハウスDIY計画。

2021年1月12日 カテゴリー:お知らせ

ここ2ヶ月ほどコワーキングスペースのDIYをしておりまして、めっちゃYouTubeでのDIY動画をみております。 ビフォーアフターの違いがあまりに面白すぎるのと、日々実践でDIYの技術高めるのにレコメンドを日々見る中で、すごいDIYしたい欲が出てきております。 コワーキングスペースDIYの場合は、設計士さんによる設計と大工さんによる補助があるため、ある程度イメージを作ってもらっているの

SNS&個人メディアで求人を!僕が意識的に行う記事の作り方と拡散方法。

2021年1月10日 カテゴリー:お知らせ

個人のブログやSNSのアカウントなどを含めた個人メディア。 10分もあれば自分がネット上で発信するアカウントを簡単に作れるようになった中で、では個人メディアで情報を発信して何を目的とするのかというところの、僕であれば「求人!」が一番だったりするのでその辺りを今回書いてみることにします。 あと地味に自分の中で答えの出てないモヤモヤがある時は、言語化するためにも個人メディアあるのはおすすめ

【つくるインターン】2月から3月のプロジェクト型インターン。滋賀でコワーキングスペース一緒に作りましょう。

どうも、りょうまです。 この記事見られている方はどこの誰だ?となられていると思うので、最初に自己紹介させていただきます。 ・今プラスというコワーキングスペースをしてます。 ・他にもホームページ制作やグラフィック、動画制作、滋賀の情報配信サイトしてます。 ・今年はオンライン特化の中学生プログラミングスクールに力をいれています。 ジャパニーズ株式会社という滋賀に拠点がある

地域×コワーキングスペース。まちの広報係も担うコワーキングスペースのイメージ。

2021年1月現在、3月オープンを目指してDIYをしている守山市の新しいコワーキングスペース。 そのコワーキングスペースでチャレンジしたいのは二店舗を地方で行うことももちろん、もう一つの役割を担うことができないかも含めてチャレンジします。 それがコワーキングスペースがあるまちに対する広報係という部分です。 行政以外の広報がほとんどないまち。 もしあなたが街の何かについて知りたかった

1人で始める新規事業。何からはじめる?どう時間を確保する?

2021年1月4日 カテゴリー:お知らせ

日々、新しい事業何するかを考えているとワクワクが止まらない。どうも、僕です。 今年は一つの新規事業に集中して行うことを決意し、そのための時間も日々確保するスケジュールで動いているのですが、果たして1人で新規事業を始める際にどういったところからしたら良いのか? そしてまとまった時間を確保した場合、どこから手をつけたら良いのか。 僕なりの新規事業の始め方。お伝えしていきます。 5人