しがとせかい

独学で英語を勉強して2年半。英会話でスランプを感じる僕がしていること。

大人になってから英語を真剣に勉強してはや2年半。
元々の目標が海外で会社を作って、ビジネスをしたいというところから。

2年勉強して、めっちゃ毎日英会話する日もあれば3ヶ月ぐらい放置する期間もあったりしたのですが、2年半前に比べると自分でも話せるようになったなーとは思います。

向上したのは「リスニング」と「スピーキング」。
特にレスポンスよく自分の持っている単語から話すという力は身についたと思う一方、そのレスポンスゆえあるスランプを感じています。

それが「自分がわかる英語内で話そう」としてしまうところ。
なぜスランプが発生しているのか?そしてそこを打破するために、今僕がしていることをメモしておきます。

 

自分のレベルで話すことに慣れてしまったゆえの英語が向上しないスランプ

英語をある程度聞けるようになったり、コミュニケーションをとる場合。最初の頃は「あれ、これどういえばいいんだろう?」ってなったり、そもそもドキドキして単語が出なかったりしていましたが、それが次第に「自分の持っている単語・文法から話そう。」となってきたことで、相手の英語さえなんとなく聞き取れればコミュニケーションが取れるようになりました。

ただそれって、相手側が僕の英語のレベルに合わせてもらえるからで、それは僕にとっての英語学習の目標である「海外で英語でビジネスができる。」の出来るには当てはまっていないと思います。

なぜそれを強く思ったのかというと、1人で海外でプレゼンしに行ったり、意見を言われたりしたときに「え、速すぎて全然わからん!!」となった経験がありましてそうすると、本当はしっかりと話せていれば次の展開に進むこともできるのに、それができない要因にもなってしまう。

なまじ、聞く方もわかっているし、切羽詰まっていない環境での英会話しかしないので問題ないレベルになってしまったことが、自分にとってのスランプだと思っています。

このスランプ。僕にとっては英語力が上がっていることが実感できないスランプとなります。

 

この英語のスランプを打破したときに見えてきそうなもの。

もし現在のスランプを打破すると、おそらく下記の状況の時に現在より自分の意見が言えてそこからのコミュニケーションをより取れるようになると思っています。

・相手の質問をほぼ理解出来る(ネイティブレベル)
・自分のプレゼンの後の質問にもしっかり対応出来る。
・ピッチをより自信持って話せる
・自分が話す英語が正確な意味で伝えられる。

質問をしっかり理解出来るって本当に重要で、途中まで会話ができていても一つの質問でそれまでの会話の流れもストップして、それ以降もやや相手がレベルに合わせてしゃべってもらうことがなかなか心苦しいところがあります。

今のスランプの問題点。それは「単語量」と「緊張感がある英会話の場数」であると考えています。

 

僕がスランプ打破のためにしている二つのこと。

僕自身、自分が話す英語は相手に正確に伝わることが大前提なので、日常ではあまり使われない単語などは「僕が話す英語」には不要だと考えています。

ただそれが単語を、文法を知らなくていいかというと全くそういうわけではなく、単語や言い回しを知っていないと相手が発する言葉の大部分を理解できない時があります。

単語に関しては見てわかる、自分で書けることも重要ですが、僕が身につけたのは「話される英語」において瞬時に理解できる能力。その量をどれだけ増やせるかが一つ鍵です。

これに関しては単語帳でひたすら見て学ぶより、生きた会話の中から身につけた方が僕の場合は良いので行なっている勉強方法としては一つ。

それがレアジョブでの毎日の英語の会話です。
この会話をただ話すのではなく、録音をして聞き流して「あ、この言い回し間違っているな」というのは直したり、先生の英語で「分からなかったなー。」というのを都度覚えるようにしています。

自分自身の言葉と一度聞いた英語だからこそ、この勉強方法は僕にあっていて少しずつあっていると思います。

 

二つ目が緊張感がある英会話の場数が足りていないこと。
2019年末にサンフランシスコで開催された3日間のスタートアップウィークエンドで、チームを作り起業プランを作りプレゼンをしようというものに参加したとき、思いっきりその三日間で速すぎる英語と強制的にしゃべる必要がある舞台に参加しました。

その三日間、僕にとってはすごく楽しくてぜひもう一度行きたい期間でして、そのときの緊張感のある英会話の舞台は確実に僕の英語力を上げることができました。

ただこの舞台を日常で体験しようとすると、それはなかなかなくてこの舞台をどうすればいいのかなーと最近は模索中。

スタートアップウィークエンドもオンラインがあったりするので、世界各国で開催されているイベントに参加するか、それともまた別のものか。

正しい方向で正しい努力をコツコツとし続けること。

2年半前に比べると贅沢な悩みでしたが、勉強してできるようになってくると次に行きたくなるもの。

僕にとっての英語学習のゴールは「海外で会社を作ってビジネスをすること」をスムーズにできる英語力となります。

そのためにはビジネス場面などで話される英語をしっかり理解できて、自分の意見を伝えられること。
正しい方向→ゴールまでに学ばなければいけない英会話力
正しい努力→その道のりまでに必要な単語量、スピーキング

これを現在の方法として「レアジョブで話して、それを聞き直す」というのがしっかりきてコツコツする中でスランプを打破できたらなーと。

ということで2021年も英語をコツコツ頑張っていきたいと思います!

ではでは。