世界中で仕事をする為に、ルールを決めよう。

dsc00796
 

2016年11月に上海で3泊4日して、日本以外で仕事できるか試してみたところ、ぼくのようなWEB関係の仕事であれば難なく仕事できることがわかりました。

なぜならパソコン一台あれば場所どこでも関係ないのです。(ネットと電源も重要ですが。)

これ逆に考えると仕事するだけで外にいくなら、行かなくてもいいということになっちゃいます。だってどこでも出来るなら家でも良いし、今プラスでもいいのですから。

ではなぜ世界中で仕事してみるためにこのサイトを作ったのか。

その理由を元に、第一回目の上海を終えてルールを決めることにしました。

滋賀県を一人でも多く知ってもらう!そして現地の人と50人以上話して情報交換する。

これがこの滋賀と世界にとってのルールです。

これが出来るから滋賀県飛び出して違う場所で仕事するわけです。なぜならこれは日本にいては出来ないことだから。

その為に、ぼくが行く前に準備していくことがあります。

それが

・行く国の母国語に合わせた滋賀県の情報サイト
・現地で交流が取れそうなコワーキングスペースの目星
・利用者が多いであろうバスケコート

まず「行く国の母国語に合わせた滋賀県の情報サイト」については、今回「住んでいる所が滋賀県だよ!」と伝えても、あそうなん的な反応でした。つまり伝えるだけではなく、その人のスマホなどで見てもらえる形にしないと後々に残らない。しかもこれほんとうによくわかったのですが、観光情報サイトってただ日本語を英語にするだけとかじゃ意味がすんごく薄いんですよね。

もちろん英語の話者って多いのですが、逆にそれで例えばコロンビアに行くとなってその情報サイトがスペイン語と英語だけやったらどうでしょうか?

英語がグローバルやからといって、その現地の人がわかるかといえばそれはNO。だから母国語で作るべきなのです。少しでも読み進めてもらって、興味を持ってもらうために。

 

234
 

 

またコワーキングスペースも場所によっては、やはり目的がそれぞれ異なるので、ここはしっかり目星をつけつつ、なおかつインタビューとかも出来るといいのかなと。

最後にバスケコート。これも本当重要です。限りなく現地の人と対話&(ビジネス抜きで)仲良くなれるチャンスなので。

これからはまた別の都市、別の国にいくことになりますが、その間の準備期間にこの部分をしっかりと整えておくように。ルールを決めて、滋賀県のことを世界中の人に一人でも多く伝えていきたいと思います。

→なんでそんなに滋賀県のこと知ってもらいたいの?という答えがこちら。(滋賀と世界ってなんだ?